blog(旧OneDayTrip)

新聞掲載

宝咲農園サンウェルス

お世話になっておりマッスル。
街ぐるりで、ホームページやポップなどのデザインをさせて頂いております、岩舟にあるトマト農家「宝咲農園サンウェルス様」の記事が先週土曜日(2019年5/11日)、下野新聞朝刊に掲載されました。

街ぐるりでも度々ご紹介させて頂いておりますが、ここのトマトはお世辞抜きで本当に美味しいのですっ! 美味しいという表現は漠然としていますので、「具体的に、どう美味しいのよ?!」と聞かれますと、自分が食してきたトマトは、噛んでいるうちに早い段階で味がなくなるものが多かったのですが、最後はただの水分になると言いますか・・・、トマトジュースを水で薄めたような味になると言いますか・・・。それと比較し、サンウェルス様のトマトは、最後まで味が持続しますね。喉元を通るまで甘み、味が持続するのですよ。

サンウェルス様は、 養液栽培による栽培方法で、私自身がトマト大好き人間なのですが、色々なトマトを食べた結果、経験、知識、日々の努力と、そして何より、「おいしいものだけを届けたい」というサンウェルス様の気持ちがそのまま味になって現れているのだと感じました。サンウェルス様は「養液栽培の環境構築を行ったからといって、サンウェルスと同じ味にはならない」と言います。それは、サンウェルス様の日々の努力や、経験から生まれる独自の工夫による作業などを見れば、よく分かります。

さて、味の話に戻りますが、フルーツトマトと言っても過言ではないほどの糖度を出しているにも関わらず、トマト本来の爽やかな酸味も乗り、そしてお手軽な価格で提供されています。 私も知人に試食していただいたりする機会があるのですが、食べたあと、何処で売っているのかと質問の連絡を必ず頂きます。

残念ながら小山での展開は大人の事情によるところが大きいのか、営業の結果、販路の確保は叶わなかったようですが、地元の道の駅みかもでは好評を博しており、 道の駅みかもとして フルーツミニトマトののぼりを設置し全面的にバックアップしてくださるようです。美味しいものを届けたいという思いは、みかも様も同じで、これは、みかも様自身も集客アップや認知度のアップに繋がり、最終的には栃木市の税収にも貢献することになりますね。このように、ビジネス面にいても、お互いにとてもいい関係が築けていると言えるのだと思います。また、近日、どまんなかたぬまへの納品も開始されるようです。と、いっている間にも、ホームページに「農産直売所あぜみち様」よりお問い合わせが入り、販路拡大が決定したようです。凄い勢いですね。
繰り返しになりますが、 「おいしいものだけを届けたい」という目標のもと、 補助金に一切頼らず、環境構築における借金を抱えた苦しい時期からお付き合いさせて頂いてきましたので、本当に感動しています。
街ぐるりからは、サンウェルス様の次の目標を掲げさせていただきました。

これからも期待大の宝咲農園サンウェルスを街ぐるりは応援します。

宝咲農園サンウェルス
https://www.sunwealth.farm/

道の駅みかも
花野果ひろば農産物直売所