Akiraの気紛れ韓国探訪 その2

こんちは。もう、韓国に行ったのも遠い昔のようで記憶も曖昧になってきました。自分が、5、6歳の頃の記憶とそんなに変わらないくらい曖昧になってきました。確か、1日目は疲れて出歩くのも面倒だったので、近場の焼き肉に入ったはずです。そうそう、何だか思い出して来た。。。順序としては、焼き肉を食べて直ぐに別のお店、お粥屋さんでお粥を買ってホテルの部屋で食べたんだった。
なんとなく焼肉系のお店に入るのは、以前、新大久保で見たとある光景を思い出してしまい、少々抵抗があったのですが、せっかくなので、もう全て忘れることにして入ってみました。注文は全てEnglishでこなします。焼き肉は激安・・・かと思いきや、結構普通にいい料金でしたね。セコく、単品でオーダーしていたのが失敗でした。最初からセットで頼んでおけば良かったorz…という結果になりました。

それにしても、この、鉄板の縁に流し込まれる卵が、めっちゃ美味くて、いい感じでした。卵に出汁と小エビを混ぜている感じですかね。海釣りのオキアミを一瞬思い出しましたが、直ぐに忘れることにしました。この鉄板欲しいですわ。今回入ったお店は、ことごとくキムチは食べ放題でした。韓国の焼肉屋さん、いや、焼肉屋さん以外もそうだったのですが、キムチとサニーレタス等は基本食べ放題でしたよ。日本の焼肉屋もそうなればいいな。。。あ、ビールの写真忘れた。韓国のビールはCASS(カス)という名前でした。

ちなみに、価格はウォンなので、0が一個多い感じですね。

2日目

2日目は主にソウルです。宿泊先の雲西から電車で1時間弱くらいでしたでしょうか。電車に乗る際の券売機での切符の購入が面白かったです。日本語表示が出来るので安心ですね。そして切符を購入するというよりは、毎回、簡易的なSuicaを購入するといった感じでしょうか。改札を出ると、その切符を回収する機械が設置されてあり回収の際に預り金が戻ってきます。まぁ、このシステムは紙の節約になりますよね。地元の人は皆さんカードですけどね、カード社会が特徴の様なので。

電車の特徴は、椅子が異常に硬い。日本の電車に座る勢いで座るとお尻を強打されたような感覚になるでしょう。

あとは…iPhoneが意外と少ない気がしましたね。国民のサムスンやLGに対する信頼感が絶大なんだなぁ~と思いました。自信に満ち溢れているというか。まぁ、iPhoneもチップはサムスンだったりしますからねぇ。他、電車が若干広いのかな。自転車用の場所もありますし。網棚が無い。自分の認識間違いでなければですが、荷物(スーツケース)エリアがあって、人は荷物をそこに置いて座席に座らなければならないのかもしれません。荷物から離れて座るって、なかなか勇気が要るよなぁ~と思いつつ、窓の外に目をやると、民家が少ない気がしました。マンション住まいが多いんですかねぇ。空調の室外機の設置の仕方がやばいっす。地震が来たらと思うと寒気がしますね。

明洞駅近くの商店街です。日本で言うところの巣鴨みたいな感じでしょうか。様々なお店の方が声を掛けて来てくれます、日本語で。どこで見分けているのでしょう。中国の方には、中国語で声を掛けています。私も声を掛けてもらえました。 
お店の方:「お兄さん、完璧な偽物あるよ!」
私:「・・・;」

皆さん商売熱心です。

完璧な偽物・・・これって、完璧であることへのプライドだ!私も見習わなければ。