Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
LINEで送る

Seach & Fliter Pro、そしてElementor

こんばんは、更新頻度高くて、すみません。転職活動に勤しんでいて決してヒマなわけではないのですがw

さて前回、Wordpressのフィルタプラグインである「FacetWP」について、使い方を交えて紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。Web制作はどんどん簡単になっていくので、あとは、UI、UX、SEO、マーケティングですね。

Search & Filter pro

Search & Filter pro
Search & Filter pro

Search & Filterは、Wordpressのフィルタプラグインで、FacetWPと同じく、AJAXで動きます。つまり、検索結果からリロードすることなく絞り込みが可能になります。気になったので使ってみました。

結果

最強でした。これ、買いですね。サブスクリプションではありますけど、価格も安いんですよ。

価格

シングルサイトで、¥2,000強ですね。
日本製のFE Advancede Searchは、買い切りで¥59,800です。内容としては、

競合:FE Advancede Search

  • 買い切り / ¥59,800
  • 何サイトでもインストールOK
  • 日本語サポート
  • 大手企業700社の導入実績

とまぁ、向かうところ敵なしですが、自分が使えるかどうかも分からないので、いきなり¥59,800は、ちょっと、別の使いどころを考えてしまいますね。ちなみに、無料のフィルタプラグインは、ろくなものがありません(断言)

Elementorとの連携

驚いたのは、Elementorとの連携についてですが、なんと、連携用にサードパーティープラグインまで用意してます。これを実装すると、面倒な設定なし、AJAX仕様になります。それと、FacetWPでは、自分でページネーションを用意しなければなりませんでしたが、Search & Filterは、Elementorのポストのページネーションをそのまま使用出来ます!

ACFとの連携

Advanced Custom Fieldとの連携についてですが、これも完璧でした。自分がやろうとしていた、チェックボックスでのフィルタにACFフィールドを使う事ができました。ただ、町名でのフィルタリングは、チェックボックスの数が多くなり過ぎて、考えを改め、ドロップダウンで対応することにしました。

最後に

今回は、前回のFacetWPに続いて、Wordpressフィルタプラグイン「Search & Filter pro」について簡単に紹介をさせて頂きました。次回は、街ぐるりを例に、使い方を説明できればと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

  • 最近の投稿
  • 投稿カレンダー
2020年8月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
  • メニュー
Nabeさん

Nabeさん

こんにちは、管理人です。音楽とWEB制作とドローンを愛するクリエイターです。WEB制作、ドローン撮影、お気軽にお問合せください。印刷物も承ります。

お問い合わせ