栃木県小山市の地域密着ポータルサイト

< Vol.3へ

1dayTripトップ画像
小山市発!一日の楽しい過ごし方をご提案するページ「1day Trip」♪第4回目は思川とその周辺の田んぼ脇、用水路で太公望呂尚の如くのんびりと自由気ままな釣行をご紹介。海釣り専門のAKIRAに果たして釣れるのか!?どうぞご覧ください♪

おすすめの釣具屋さんはココ!

1

スポットメイン画像

国道50号駅南4丁目交差点の西にある釣具専門店の上州屋小山駅南店。
店内は竿やリール、餌など釣用具が豊富!
プロの店員さんがいろいろアドバイスをしてくれるので、初心者の方でも楽しめること間違いなし!
川釣から海釣まで何でも揃っていて店員さんおすすめの釣り場や穴場、季節ごとのポイントなど詳しく教えてくれます。
自宅で飼っている金魚や熱帯魚の餌も購入可能。店員さんが丁寧に教えてくれるので安心して購入できます。
釣具だけではなく、雑誌やDVDもたくさんあるのでおすすめです。
上州屋小山駅南店 小山市西城南3-1-14 0285-28-3133 →MAP

..もっと見る

釣りをするには漁券が必要

2

スポットメイン画像

今回は思川での釣行となるので、管轄は栃木県下都賀漁業共同組合になります。こちらの遊漁券を購入しいざ釣りへ!
遊漁券には魚種や期間で種類がありそれぞれ金額が変わり、よく釣りをする方は年券、たまにする方は日券がおすすめです。
私は三等の年券を「上州屋小山駅南店」で購入しました。3等級では年間5,000円で釣りができるのでおすすめです。
遊漁券はほかの釣具屋さんでも取り扱っているので自分の行き着けや家の近くのお店で購入できます。
遊漁権詳細はこちら
栃木県下都賀漁業共同組合 小山市立木1478-6 0285-22-0402
→MAP

..もっと見る

今日はここで釣ります

3

スポットメイン画像

釣りスポットはいくつかあるのですが、まずは川岸に到達するまでが困難を極めます。車で降りれるのかどうかということになるのですが、橋の上から見下ろしてそれらしいポイントを発見出来たので降りてみました。
とてもいい場所でしたので、やはり先約が・・・。ちょっと上の方から、投げてみましたが、それらしい当たりもなく別の場所へ移動しました。
さらに下流へ移動!
「“もう少し行けば”渡良瀬遊水地」というところまで来ました。もうここは小山ではないかもしれませんね。さて、ここは足場もしっかりしていて非常に釣行には最高とも言える場所です。魚も跳ねてますし、なまずを釣っている人を何回か見かけています。Youtubeではバスを釣っている人もいました。しかし、私は・・・

..もっと見る

腹ごしらえはここで

4

スポットメイン画像

さて、何もしないうちに腹減った.co.jpになってしまったので飯を食おうかなということで思川を離れ今回は、小山市にあるラーメン屋さん「一品香」を訪れてみました。何日か前に、インターネットで色々検索をしていたら4年くらい前のダイヤモンドユカイさんのブログに一品香さんで食べている内容のブログがアップされていました。考えてみたら、ユカイさんは、佐野にいらっしゃるということでしたよね。
一品香さんのラーメンを食べてみての感想は、びっくり!これは美味しい!
あっさりとしているようではあってもコクもしっかりあり、麺は太くてパンチがあります。また食べに来たいと思いました。餃子の大きさもびっくりしました。もちろん、こちらもとても美味しかったです。
一品香 小山市城東1-9-29 0285-24-1988 →MAP

..もっと見る

もうちょっと釣ってみようかな

5

スポットメイン画像

腹一杯.co.jpになったところで渡良瀬遊水地に向かうはずが時間もなくなり、急遽田んぼ脇の用水路で釣る事にしました。
場所は新4号沿い?となります。Youtubeを観ていると用水路で釣っている人をよく見かけますが、果たして本当に釣れるのでしょうか。もちろん釣れて欲しいけど鯉はイヤだなぁ〜と思いつつ、釣りを開始・・・
1時間経過。アタリもまったくありません。「はぁ〜・・・」今日は、全然、ダメダメでした。結果は坊主です。しかし俺は諦めない、今度こそあの本牧海釣り施設のように入れ食い状態にしてやる!と誓うのでした。
今度は、きちんと、生き餌にしよっと。。。

..もっと見る

ごみはちゃんと持ち帰ろう(怒るでしかし)

6

スポットメイン画像

そして撤収時に釣り人の放置ゴミを発見。
気持ちの良い釣りを楽しむためにも、ゴミは、皆さんで、きちんと、持ち帰ろう。

AKIRAの旅はこれからも続く…

釣れない時は、自分の腕ではなく、釣道具のせいにするのが自分の中の鉄則です。おそらく今回は自分のロッドが川釣りに向いていなかったのでしょう。ということにして、心穏やかに、小山の太公望の自由気ままな釣行は続くのであった。。。

編集後記メイン画像

< Vol.3へ