Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
LINEで送る

当社は創建古く、九州の宗像大社より当地に勧請されたものといわれ延喜式(927年制定)内の一社で格式の高い神社といわれています。祭神は田心姫命・市杵島姫命・多岐津姫命の三女神です。当社は古くから寒川郷の総社として住民の尊崇あつく、かつては神田も多く、社殿も宏荘でしたが、中世以降は衰微しました。風水害の被害も多く、その後再建され、弘化元年、明治14年、大正13年、昭和16年と改築修復を重ね現在に至つています。合社されている天満宮の年初の縁日は「初天神」と称し、毎年一月の第四土曜日に華やかな祭りの行事があります。「花桶かつぎ」と称し、御輿の先導者として着飾った七オの稚児が造花で飾った花桶をかつぎ奉仕するもので、多数の見物人に囲まれて村内をねり歩きます。(昭和48年小山市指定民俗文化財)間々田商工会 小山歴史研究会胸形神社のエノキ胸形神社は崇神天皇の代に勅命で九州の牟奈加多(宗像)から祭神を招幣(主祭神田心姫命)後に文徳天皇の代に宗像官宜があったと言う。以前は寒川の西、巴波川の河岸にあった。平安時代の延喜式神名帳に登載された下野十一社の一つで航海の守護と漁労豊穣の神として崇拝されていた。鎌倉時代には寒川の繁栄と共に盛況を誇った由緒ある神社である。エノキは神社の入り口にあって神社と寒川の繁栄を示すかのように古木としての風格を備え、小山市では最も古い古木の1つであり、樹根は度重なる流失を物語っている

トチギケン オヤマシ サムカワ 1730

不明

Share on facebook
Share on twitter
Share on linkedin
Share on email
LINEで送る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

小山市周辺の天気

1月16日(土)
18:00
曇り1.3度
1月16日(土)
21:00
曇り空0.8度
1月17日(日)
00:00
曇り空1.8度

OpenWeatherMap API

お問い合わせ

胸形神社

329-0226

栃木県

小山市

寒川

1730

※お名前やメールアドレスが掲載されることはありません。安心してリクエスト下さい。